アルファードのエンジンがかからない!原因や対処する方法はある?

アルファードに乗っていて
出かけようとしたら

・エンジンがかからなかった
・かかりづらくて冷や汗が出た

こんな経験をしたことはありませんか?

実際に経験しなくてももしかしたら
明日は我が身なんてこともないとは
言えませんよね。

しかし急にエンジンがかからないなんて
ことになってしまったら

・出掛けるはずの予定がキャンセル
・会社に遅刻してしまった

このような困ったことにもなりかねません。

しかしエンジンがかからない原因や対処法が
分かっていれば落ち着いて対処できますよね。

今回はそんなアルファードのエンジンが
もしもかからなかった時に役立つ知識
車の整備のプロが詳しく紹介するので
是非ご覧ください!

[adsense1]

アルファードのエンジンがかからない主な4つの原因とは?

アルファードのエンジンがかからない原因を
あげるとすれば
大きく4つの原因が考えられます。

どんな原因なの?

それをこれから紹介しますね!

1.バッテリー上がり

まずは一番多い原因がバッテリ-上りです。

ルームランプやヘッドライトの消し忘れや
半ドアなどのバッテリーの電気を
消費しすぎてしまった場合などに
バッテリーが上がってしまいます。

バッテリーが上がる、つまりバッテリーの電気が
少なくなるとエンジンをかけるために作動する
セルモーターというモーターを動かすのに
必要な電気が足りなくなります。

セルモーターを動かすためには大きな電気量が
必要なのでライトなどの電装品が
正常に作動していてもエンジンがかけられない
ということもあります。

2.バッテリーの寿命

アルファードのエンジンがかからない
原因としてバッテリーの寿命
考えられます。

先ほども紹介しましたが
エンジンをかけるために必要な部品の
セルモーターは大きな電気量が必要です。

バッテリ-が寿命になってくる
(劣化してくる)と

・電気を蓄えられる容量が減ってくる
・充電性能が落ちて充電に時間がかかる

このような症状になります。

蓄えられる量が少なくなると
少しの電気消費でも残りの電気量が
わずかになり、必要な電気量を
取り出せなくなるようになります。

そして消費した電気もすぐには充電されない
などの悪循環になってしまうのです。

こうなってしまうとセルモーターを
作動させるための電気量が必然的に
足りなくなってしまい

エンジンがかからなくなってしまうのです。

3.オルタネーターの故障

メーターの中のバッテリーのマークの
警告灯などが点灯するような
症状があった場合は
オルタネーターの故障の可能性があります。

先ほどの紹介にもありましたが
バッテリ-の消費してしまった電気は
充電されないと、セルモーターを動かす
電気量が不足してしまいます。

バッテリーの寿命などで充電性能が
落ちていなくても
充電するための機能が不足していれば
当然充電されませんよね。

このバッテリーに電気を充電させる部品が
オルタネーターなのです。

オルタネーターに故障があると
バッテリーに電気が充電されなくなるので
セルモーターが作動することができずに
エンジンがかからない原因となります。

4.セルモーターに問題がある

そして最後の原因は
ここまで何度も出てきたセルモーターです。

いくらセルモーターを動かすのに
必要な電気があっても
セルモーター自体に問題があれば
エンジンをかけることはできません。

セルモーターの部品は消耗部品なので
走行距離が多い、エンジン始動回数が多い
などの理由で劣化しますので
年数や走行距離が多い車は注意が必要です。

[adsense2]

アルファードのエンジンがかからない場合の対処法は?

アルファードのエンジンがかからなくなったら
どうしたら良いのでしょうか?

これはもちろん原因によって異なります。

バッテリー上りの場合

バッテリーの性能が落ちていなければ
減ってしまった電気量を充電すれば大丈夫
ブースターなどでエンジン始動することが
出来、とりあえずは走行可能です。

バッテリーの寿命

これはもうバッテリーを交換するしか
ありません。
充電すれば一時的には復活しますが
再始動不能の場合もあります。

こちらもブースターなどでエンジン始動が
出来ますが、再始動不能の可能性も!

オルタネーターの故障

オルタネーターの故障の場合は
部品交換や修理が必要となるので
修理工場などの
プロに任せるしかありません。

ブースターでエンジン始動はできますが
すぐに止まってしまう可能性があるので
車を持ち込引き上げてもらって
見てもらいましょう。

セルモーターに問題

セルモーターに問題がある場合も
プロに任せるしかありません。

この場合はブースター等をつないで
始動しようとしても
エンジンをかけることはできないので
修理工場などに助けを求めましょう。

参考にエンジンを
ブースター始動する方法の動画がこちら!

ケーブルとやり方さえ分かれば
それほど難しくはないですね。

[adsense2a]

アルファードのエンジンから異音がするのはなぜ?

ここまでアルファードのエンジンがかからない
場合について紹介しましたが
実はエンジンがかからない原因が
他にある場合があります。

思えば最近エンジンから変な音が
していた気がする・・

エンジンがかからなくなってから
思い出してももう手遅れかもしれません。

エンジンオイルの管理が悪いと
エンジンから異音発生して
最悪はエンジンをかけることが
出来なくなってしまうこともあります。

やはりエンジンからの異音は
ちょっと気になったら早めに
修理工場などで点検してもらいましょう!

エンジンからの異音については
下記の記事でもっと詳しく説明しています。

⇒アルファードのエンジンから異音が!考えられる原因や対処法は?

早めの対処が大きなトラブルを防ぎますので
こちらも参考にしてください。

[adsense2b]

アルファードのエンジンがかからない場合の修理費用は?

最後にアルファードのエンジンがかからない
場合はどのくらい修理に費用がかかるのかを
紹介しますね。

修理費用目安

原因バッテリー上がりの場合バッテリーの寿命オルタネーターの故障セルモーターに問題
作業バッテリー充電バッテリー交換オルタネーター交換セルモーター交換
金額2,000円~15,000円~32,000円~27,000円~

この金額は工賃まで含めた値段ですが
部品代や修理工場によって工賃が違うので
目安としてみてください。

バッテリーも年式やモデルによって違いますし
オルタネーターやセルモーターも
使う部品よって大きく金額が変わるので
注意してください。

部品交換になると
修理費用は高いんですね!

まとめ

ここまでアルファードの
エンジンがかからない場合の

・原因
・対処方法
・修理費用

などについて承知いたしましたが
いかがでしたか?

エンジンがかからない原因はいくつも
ありますが
予め原因や対処方法が分かっていれば
慌てることはありません。

しかしこのようなトラブルは
定期的なメンテナンスや点検を行っていれば
防げることもあります。

そう考えると定期点検や車検は
トラブル防止のためにしっかりと
受けておいた方が安心ですね!

そして車のトラブルのなかには
メーターの警告灯点灯ということも
あります。

⇒アルファードの警告灯!点灯した原因や消し方について

この記事にアルファードの警告灯が点灯した時の
対処法が詳しくまとめてあるので
ぜひご覧ください!

[adsense3]