アルファードのエンジンのオイル!交換の頻度や料金の相場とは?

アルファードを購入してからオイル交換は
しましたか?

オイル交換をいつ、どこですればよいのか
どんなオイルが必要かなど
オイル交換について分からない事って
ありますよね。

アルファードのオイル交換を適切に
やらなかったばかりに

・エンジンの調子が悪くなった
・燃費が悪くなった
・エンジンから変な音がする

などの不具合が出てしまうことがあります。

このような症状をそのままにしておくと
最悪はエンジンが完全に壊れてしまう
こともあります。

そのようなトラブルを防ぐためには
オイル交換の知識が少なからず必要です。

今回はアルファードのオイル交換について
知っておいたほうがよい知識を
自動車の整備のプロが紹介しますので
是非ご覧ください。
[adsense1]

アルファードのエンジンのオイルの交換頻度は?

では、アルファードのオイル交換は
どの位の頻度で行うのが適切なのでしょうか?

通常エンジンオイルの交換頻度は出来れば半年
遅くとも1年に一度は交換をお勧めします。

何故かというとエンジンオイルは
空気に触れているので自然と酸化し
その性能が落ちてきてしまうからです。

エンジンオイルは
それほど車に乗らなくても
自然に劣化するんだ!

アルファードのエンジンのオイル交換料金は?

実際アルファードのオイル交換の料金は
いくら位でできるのかを調べてみました。

だいたい工賃込みで

・2.4Lのガソリン車 5,000円~
・ハイブリッド車  5,000円~
・3.5Lエンジンで  7,000円~

相場となります。

これよりも安い場合もありますが
オイルのグレードを考えるとこの位の金額は
考えておいた方がベスト
です。

参考までにアルファードのオイル交換に
必要なオイルの量やグレードは以下の表を
見てみてください。

エンジンの種類オイル交換量エレメント交換時オイルの種類
 2.4Lガソリン4L4.4LSN-0W20
 2.4Lハイブリッド4L4.4LSN-0W20
 3.5Lガソリン5.7L6.1LSN-0W20

3.5Lのガソリンエンジンは
5.7Lものエンジンオイルが必要なので
オイル交換料金が高くなるのも納得ですね。

[adsense2]

アルファードのエンジンのオイル交換の時期とは?

オイル交換の時期は
結局どのくらいがいいの?

当然オイルが劣化してきたら交換なのですが
オイルの状態をオイル量をはかる
ゲージなどで見ても
なかなか判断できないですよね!

目安とすると先ほどの期間
もしくはオイル交換をしてからの走行距離で
判断するのが一番簡単となります。

下の表を見てもらえばわかりますが
メーカーの指定の交換時期も期間か距離での
指定となっています。

車種標準交換時期シビアコンディションの場合
ガソリン車(ターボ車除く)15,000km、もしくは1年7,500km、もしくは6ヶ月
ガソリンターボ車5,000km、もしくは6ヶ月2,500km、もしくは3ヶ月
ディーゼル車5,000km~20,000km、もしくは半年~1年ごと2,500km~10,000km、もしくは3ヶ月~1年ごと

普通のガソリン車なら
15,000Kmも交換しなくて
いいんだ!

この表を見るとそう思いますよね。

しかしそれは一定の走行状況に限っての話です。

シビアコンデション

・悪路での走行が多い
・年間走行距離が多い(20000Km)
・山道・登坂路の走行が多い
・短距離での繰り返し運転(1回8Km)
・低速走行が多い
・アイドリング状態が多い

このような運転って思い当たりませんか?

そうです普通に運転していれば
ほとんどの車がシビアコンデションに
当てはまってしまいます。

つまりアルファードのオイル交換は遅くとも
7500Kmもしくは半年に一度は
実施したほうがよいということですよね。

[adsense2a]

アルファードのエンジンのオイル交換!怠る主な3つのデメリットは?

もしオイル交換を忘れてしまったりしたら
どうなるのかご存知ですか?

オイル交換を怠るとこんなデメリット
あります。

1.エンジンオイルの劣化

車を使用していれば
当然エンジンオイルは劣化します。

つまりオイル交換をしないとどんどん劣化が
進行していき
エンジンオイルの本来の機能(性能)が
発揮できなくなるということです。

エンジンオイルの役割

・潤滑  ・洗浄、分散
・冷却  ・密封  ・防錆

つまりこのようなエンジンを守るための
役割が出来なくなる可能性があり
エンジンに大きなダメージを与えてしまうかも
しれません。

2.内部の摩擦抵抗が上がる

先ほども紹介した通り
エンジンオイルが劣化するとオイルの性能が
低下します。

その中でも潤滑性能が低下すると
エンジン内部の摩擦抵抗が大きくなり
動きがスムーズにできなくなります。

そうするとエンジンに力がなくなると共に
燃費も悪くなったり
異音が発生することもあります。

こうなる前に早めのオイル交換を
お勧めします。

まだこの時点であれば
復帰は可能なレベルですね

 

3.エンジンがかからないことも

これはもう手遅れかもしれません。

エンジンオイルの劣化が進行しすぎて
エンジン内部の動きが渋いどころか
最悪は焼き付きといって、内部の部品が
動けなくなってしまったかもしれません。

ここまでいくと
オイル交換をしても復帰は難しくなります。

オーバーホールという
エンジンの内部部品の交換か
エンジン全てを載せ替えるなどの修理が
必要となります。

いずれにせよ修理代は何10万と必要となる
場合があるので
こうなる前に早めのオイル交換を忘れずに!

[adsense2b]

アルファードのエンジンのオイルは自分で交換も可能?

アルファードのエンジンオイル交換を
お店に頼むのではなく自分でやってみたいと
思う方もいますよね。

自分でオイル交換をした方が交換工賃分は
安くなりますもんね。

ズバリ!

オイル交換は自分でも可能です。

方法はいくつかありますが
簡単なのはオイルチェンジャーという
オイル交換用の機械を購入して交換するのが
いちばん楽ですね。

ちょうどよい動画があったので
見てみてください。

時間はかかりますがこのような方法で
交換することは可能です。

しかし一番はお店でのオイル交換と同じに
ジャッキアップ等をして下側からオイルを
抜く方法だとオイルが完全に抜けるので
お勧めとなります。

なのですが、アルファードは車体が大きく
重たいのでジャッキアップしてのオイル交換は
危険があるので自分での作業はお勧めしません。

でも結局は機械やオイルを購入して交換しても
コスト的には若干安くなる程度なので
オイル交換はプロに任せるのが良い方法です。

プロならオイル交換のついでに車の下回りも
チェックしてもらえますからね!

まとめ

ここまでアルファードのオイル交換について

・交換の頻度
・交換の料金
・交換しないとどうなるのか?

などを紹介しましたがいかがでしたか?

アルファードに限らずオイル交換は適切に
行わないと車のトラブルの原因となります。

アルファードはせっかくの高級車なので
オイル交換を怠らずに
快適な運転を楽しみたいですよね。

でもオイル交換だけでお店に行くのもね~
という方は車検や点検と同時にオイル交換
するのが一番お勧めです。

その車検についてまとめた記事があるので
こちらも見てみてください。

⇒アルファードの車検の費用は?料金の相場や出すときの注意点

車検の料金や注意点などを
詳しく紹介しています。

そして車検を迎えるころには一度
チェックしておきたいのがバッテリーです!
特にハイブリッド車は
バッテリーが心配ですよね。

⇒アルファードのハイブリッドのバッテリー!交換料金や寿命について

この記事にバッテリーについて
まとめてありますので
こちらも是非ご覧ください!

[adsense3]