アルファードの警告灯!点灯した原因や消し方について

アルファードを運転中
急にメーターの中に見慣れない表示が
出たことはありませんか?

そう警告灯です!

このランプが点灯したままで走行していると
エンジンなどに不具合が発生して最悪は
走行不能になってしまうこともあります。

しかしあらかじめ警告灯が

・どのような時に点灯するのか
・点灯したときはどうしたらよいのか

これだけでも知っていれば安心ですよね。

今回はそんなトラブルが発生した時のために
自動車の整備のプロがアルファードの
警告灯について知っておいて損のない
知識を紹介します。

ぜひご覧ください!

[adsense1]

アルファードの警告灯がついた場合の原因とは?

 

まず警告灯というのは
車のメーター内に点灯する赤や黄色の
マーク(アイコン)のことを指します。

エンジンのキーをONにすると点灯して
始動すると消灯するマークのことです。

通常走行中に点灯していないのですが

・エンジンの部品に不具合がある
・ブレーキのシステムに異常がある
・オートマ(AT)に不具合がある
・エアバッグに不具合がある

などの場合に点灯しますが
車によってその数や内容が異なります。

こちらの動画で警告灯について
説明しています。

車種によって細かい違いがありますが
基本的な警告灯は同じですので
参考になりますね。

アルファードの警告灯!2つの注意したい色は?

先ほども紹介しましたが警告灯によって
表示される色が異なります。

実は警告灯は色によって大きく意味が違い
これはISOという国際規格で決まって
いるのです。

それをこれから紹介しますね!

1.赤の警告灯

赤の警告灯ははっきり言えば危険の表示です。

この色のランプが点灯したら
走行するのは危険なので
車を停車させるなどしてすぐにディーラー
などの整備工場に連絡をしてください。

このランプが点灯する一例は

・エンジンの油圧警告 → 油圧が低い
・ブレーキ警告 → ブレーキオイルの不足
・充電警告(バッテリー)→ 充電不良

などが原因で点灯するのが
主なランプとなります。

どれも異常があったら危険なところですね!

2.黄色の警告灯

黄色の警告灯は警告です。

色は車によっては
オレンジの場合もあるのですが
このランプが点灯した場合は注意が必要で
早めに修理工場などでの点検をお勧めします。

ランプがついたままで
走行することも可能ですが
あまり長い期間の走行は重大な故障に
つながる場合があるのでやめましょう。

このランプの一例は

・エンジン警告 → センサー等に異常
・燃料残量警告 → 燃料不足
・ABS警告 → アンチロックブレーキ異常

などがあげられますが
その他にも多数あります。

一番多いのはエンジン警告
(エンジンチェックランプ)ですね!

これはエンジンのセンサーに不具合があって
点灯することが多いです。

放置しておくとエンジン停止や
走行不能となる場合もあるので
早めに修理工場などで点検してくださいね!

[adsense2]

※ 緑色の警告灯

2つと言ったのに3つ目?

そうですよね、すみません。

補足として緑(もしくは青)色の
警告灯もあるので簡単に説明しますね。

これはどちらかというと警告ではなく
作動表示や機能表示の意味のランプです。

・ライト点灯
・フォグランプ点灯

これらの作動時(ON)時に点灯します。

車の異常ではなく
機能のON/OFFの判断表示なので
びっくりしなくても大丈夫ですよ。

アルファードの警告灯の消し方とは?

さてこれらの警告灯が点灯してしまった場合
警告灯を消すにはどうしたら良いのでしょうか?

赤や黄色の警告灯は異常が発生するので
点灯すると紹介しましたが
その異常個所が正常になって消えるランプと
正常になっても消えないランプがあります。

いずれにしろランプが点灯した場合は
整備工場などでその原因を調べて
異常個所を修理しなければ直りません。

そして整備工場ではランプ点灯を調べる
診断機があるので
その診断機を使用すればランプ点灯を
消去することができます。

あまりお勧めしませんが
この診断機があればプロでなくともランプを
強制的に消すことも可能です。

なぜならその点灯原因を改善(修理)
しなければ再び点灯してしまいますからね!

診断機(コード―リーダー)は
ネットショップでも購入可能!

アルファードの警告灯が点灯した場合の修理費用は?

では点灯した場合の修理費用は
どの程度なのでしょうか?

単純に診断機を通して診断するだけであれば
3,000円程度ですが
修理となると発生原因により
金額が異なってくるので一概には言えません。

ですが簡単なセンサー程度の交換で済めば
数千円からの費用ですが
もし発電不良などで発電機の交換ともなれば
3万円~4万円程度は必要となります。

まずは修理工場などで診断してもらい
費用を見積もりしてもらうのが
一番よい方法ですね!

[adsense2a]

アルファードの警告灯の点灯を放置するとどうなる?

ランプが点灯してしまったけど
見てもらう時間がない・・

ランプが点灯しても目に見える不具合が
感じられないと
忙しさや面倒くさかったりと整備工場に
行かないで放置してしまう方もよくいます。

しかしこれはとても危険なことです。

ここまでの紹介でも話しましたが
警告灯は車に故障などの異常や不具合が
発生したことを知らせるためのランプです。

異常や不具合を放置しておいたら
どうなるでしょうか?

早い段階で修理していれば
それほど金額もかからずに直る場合でも
放置してしまったことによって
手遅れになってしまうこともあるんです。

これは赤い警告灯はもちろんのこと
緑色の警告灯でも同じです。

なので警告灯が点灯した場合は
早めに対処することを強くお勧めします!

[adsense2b]

まとめ

今回はアルファードの警告灯について

・点灯する理由
・点灯するランプの種類
・点灯したらどうしたら良いのか?

などを紹介しましたがいかがでしたか?

警告灯は運転者に注意を促すために
点灯するランプです。

点灯した場合は必ずどこかに異常が
あるはずなので
大事になる前に早めに対処した方が
安く済む場合が多いですよ。

ちょっとしたことでも整備工場で
早めに見てもらえば安心できますしね。

そして車の不具合は警告灯だけが
教えてくれる訳ではありません。

車に乗っていて
いつもと違う音が感じられたら
これも不具合の合図かもしれません。

⇒アルファードのエンジンから異音が!考えられる原因や対処法は?

この記事でアルファードのエンジンから異音が
した場合の対処の仕方などを紹介しているので
こちらも参考にしてください!

[adsense3]