アルファードのグレードの違いは?特徴や最適な選び方について解説

トヨタの最上級ミニバンであるアルファードは
2002年に登場して以来不動の人気を誇り、
今や高級ミニバンの代名詞となっています。

ところがいざアルファードの購入を考えると
「グレードが多すぎて
どれにすればいいか分からない
と悩んでしまいませんか?

今回はそんなアルファードの

  • グレードの違い
  • おすすめのグレードの選び方
  • 維持費

について解説していきます。

この記事を読めばどのグレードを買えば
いいか分かるような構成になっているので、
アルファードの購入で迷っている方の
参考
になれば幸いです。

[adsense1]

アルファードのグレードの違いは?主な3つの特徴を解説


出展 https://toyota.jp

アルファードのグレードは

  • ボディ
  • エンジン
  • 乗車定員

の組み合わせからなり、
全部で17種類もあります。

今回ご紹介する動画は、
アルファードをグレードごとに
比較した映像です。

 

ボディ毎にグレードを表にしてみました。

標準ボディのグレード

ガソリンハイブリッド
最上級グレードエグゼクティブラウンジエグゼクティブラウンジ
上位グレードGF

G

G “F package”

G

ベースグレードxS

エアロボディのグレード

ガソリンハイブリッド
最上級グレードエグゼクティブラウンジSエグゼクティブラウンジS
上位グレードSC

S “C  package”

SR “C package”

SR

ベースグレードS “A  package”

S

S

表中、
上に行くほどグレードが高くなります。

エアログレードのガソリン車を例に挙げると、
S
S “A  package”
S “C  package”
SC
エグゼクティブラウンジS
の順に高くなります。

まずは、複雑怪奇なグレードを
理解することで、あなたが本当に
欲しいアルファードの姿

浮かび上がってきます。

では早速見ていきましょう。
まずはボディの違いからご紹介します。

[adsense2]

1.ボディの違い

グレードによる
ボディの違いはありません。

グレードの差異が出てくるのは
装備と見た目なので
これらについて詳しく見ていきましょう。

2.装備の違い

オートエアコンや両側パワースライドドア、
基本的な走行安全にかかる装備は
全グレード共通です。

「じゃあグレードによって何が違うの?」

グレードによる主な違いは
内装の装備の有無
です。

以下の表に装備の有無をまとめました。

ベースグレード上位グレード
シート表皮ファブリック本革 or 合皮
運転席6ウェイマニュアルシート8ウェイパワーシート
助手席4ウェイマニュアルシート

マニュアルオットマン

4ウェイパワーシート

パワーオットマン

後部座席リラックスキャプテンシート(7人乗り)

or

6:4チップアップシート(8人乗り)

エグゼクティブパワーシート(7人乗り)

or

リラックスキャプテンシート(7人乗り)

後席サンシェード×
コンソールボックス大型スタンダード大型ハイグレード

*本革とエグゼクティブパワーシートは
上位グレードの中でも高い方の
グレードに装備されます。

[adsense2a]

3.見た目の違い


出展 https://toyota.jp

グレードによる見た目の違いは

  • エアロパーツの有無
  • ホイールのデザイン
  • シーケンシャルウインカーの有無

の3つです。

エアロパーツは、
エアロボディのグレードを選択する
ことで付いてきます。

基本的に全てのグレードでエアロボディを
選択可能
ですので、外観がより好みな方を
選べば良いわけです。

他にも、エアロパーツはオプションからも
選択できるのでそちらも一度ご覧ください。

ホイールはグレードによって
標準装備が以下のように変わります。

  • 基本は17インチ
  • ベースグレードは16インチ
  • ガソリン車のエアロタイプのみ18インチ

ホイールは大きい方がかっこいいですが
乗り心地が悪化します。

デザインと実用性のバランスを考えて
選択するのがおすすめです。

最後のシーケンシャルウインカーですが、
エグゼクティブラウンジでは標準装備、
他の上位グレードではオプションとして
設定されいます。

シーケンシャルウインカーをつけたい場合は
上位グレード
を選びましょう。

アルファードのグレードで一番高いグレードは?


出展 https://toyota.jp

アルファードで1番高いグレードは
エグゼクティブラウンジSです。

価格は驚きの7,502,760円

なんと、一番安いグレードの
倍以上の価格がします。

しかしながら、劇場のロイヤルボックスを
イメージして作られたセカンドシートで
過ごす時間は格別です。

アルファードのグレードで一番安いグレードは?

一方、一番安いグレードは「X」になり
その価格は3,376,080円です。

マニュアルシートでファブリック表皮、
8人乗りと他のグレードと比べて
かなり簡素な装備です。

とはいえ、350万で
憧れのアルファードに乗る
ことができます。

アルファードのグレードでおすすめのグレードは?

筆者の一押しは「G」グレードですが、
その理由は主に次の2つです。

  • ハイブリッドなので燃費がいい
  • シートに本革を使用し高級感がある

高級感で言えば、G “F  package”の方が
エグゼクティブパワーシートを採用されいるので
より高級感があります。

ですが、
アルファードを購入される方の多くは
運転席に座るので使用頻度が低く、
コストパフォーマンスが悪いです。

したがって、
ハイブリッドかつ標準ボディの
「G」グレードがおすすめなのです。

アルファードで自分に最適なグレードを選ぶコツは?


ご自身にとって最適なグレードを選ぶために
まずは何を重要視するか決めましょう。

  • 実用性
  • 高級感
  • スタイリング
  • 維持費

これらの要素に優先順位をつけ、
予算に収まるグレードを選ぶと良いでしょう。

例えば、

実用性を重視して8人乗りにする場合、
選べるグレードは「X」のみになります。

ですが、せっかくの最上級ミニバンなので
高級感を味わいたい方は上級グレードの
中から選ぶ
と良いでしょう。

特に、後部座席に特別な方を乗せる場合は
上級グレードの中でも更に上位のモデルか、
予算が許すならエグゼクティブラウンジが
最もおすすめです。

見た目は厳つい方が好みなら、
エアロボディから選ぶと良いです。

燃費や自動車税など維持費を気にされる方は
ハイブリッド
を選択しましょう。

[adsense2b]

アルファードはグレードによって維持費に違いはある?

グレードにより維持費(ガソリン代と
自動車税を指します)が大きく異なりますが、
その原因はパワートレインにあります。

アルファードのパワートレインは3つあり、

  1. ハイブリッド
  2. 2.5L ガソリンエンジン
  3. 3.5L ガソリンエンジン

上から順に維持費が安いです。

まずは気になる燃費からですが、
1と3を比べると最大で45%も変わります。
(1と2でも37%程度変わります)

一方自動車税は、1と2は同じで
3だけが1万円程高くなります。

詳しくはこちらのサイトに
書かれているのでご参考ください。

⇒アルファードの税金はいくら?重量税や自動車税の相場について解説

維持費を少しでも抑えたい方は
ハイブリッドを購入すると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は

  • グレードによる違い
  • 最適なグレードの選び方
  • グレードによる維持費の違い

について解説しました。

ただアルファードに乗りたいのか
高級感を味わいたいのか
維持費を抑えたいのかで
おすすめのグレードが変わります

とはいえ
「価格を抑えたいけど高級感も欲しい!」
という方もいらっしゃると思います。

そんな方は、
マイナーチェンジ直前は大幅値引きが実施
されるのでこちらを狙うのがおすすめです。

車は高くない買い物なので、
少しでも安く賢く買いたいですよね。

本記事があなたのお力になれれば幸いです。

[adsense3]