アルファードのリースは法人だとお得?料金プランやメリットを解説

アルファードの契約を考えている法人の方で
アルファードは高額なのでどのような
購入方法が良いのか迷われている方も
いますよね。

色々な購入方法がある中で
アルファードも法人リースでの契約が可能です

しかしリース購入でのメリット・デメリットを
理解していないと
購入後やリース満了時に損をしたと
感じてしまうことがあります。

予め法人リースの仕組みを理解していれば
そんな失敗も防げますよね。

今回はアルファードを法人リースするときに
知っておいて損のない知識
自動車の販売と整備のプロが紹介しますので
是非ご覧ください。

[adsense1]

アルファードのリースは法人だとお得だって本当?

 

まずは法人がリースで車を契約すると
何がお得なのかを見てみましょう。

・税金や諸経費もリース料に含まれるので
 まとめて毎月の経費として計上できる
・一括購入と違いまとまった資金が不要
・原価償却などの事務処理が省ける

このようなメリットがあります。

個人とちがって税金や経理処理の
手間などが省け
毎月定額で車の処理ができるのが
楽でいいですよね!

[adsense2]

アルファードの法人のリースと所有の維持費の差はいくら?

まずは法人リースと所有する場合の
維持費の差を見てみましょう。

支払額支払方法自動車税重量税自賠責ガソリンメンテナンス合計(5年)
法人リース7.5万月々込み込み込み93万込み543万
購入438.3万一括22.5万14万6.5万93万12万586.3万

5年で見ると購入の場合は
総支払額が若干高いようですが
法人リースは5年契約満了後に車を返却か
再リースしなければ乗り続けられません。

買取る場合は残価設定額程度での買取りが
必要となるので契約にもよりますが
プラス200万程度は必要になります。

車を乗り換るつもりなら良いのですが
乗り続ける場合は購入の方が断然
維持費は安くなります。

購入した場合でも5年後に乗り換えたい場合は
下取りや買取りに出すことも可能で
そうすれば次の車の充分な頭金になります。

そんな時は下記のページで買取り価格を
調べてみるといいですよ!

⇒かんたん査定ガイドで買取り相場を見る

簡単に買取り相場が分かるので
便利です。

かんたん車査定ガイド

アルファードのリースの料金プランはどうなってるの?

リースの料金プランですが
大きく2種類に分かれます。

ファイナンスリース

リース料に含まれるのは車両代と
自賠責保険のみとなります。

メンテナンス料(車検や点検等)は
実費ですが、最小限の内容なので
リース料が抑えられるのがメリット。

メンテナンスリース

リース料に車両代や自賠責保険料のほかに
必要なメンテンナス料も含まれます。

リース料だけで車検や点検代などの
整備代は必要ありませんが
リース料は少し高めとなります。

基本的にはこの2つに分かれますが
実際はリース会社や契約によって
内容に違いがあります。

例えばメンテナンスリースの場合
メンテナンスに含まれない物や
交換回数などが制限されているなどの
違いがあるので注意が必要です。

[adsense2a]

アルファードのリースを法人で利用する4つのメリットは?

アルファードを法人リースした場合の
メリットとして何があるのでしょうか?

それは大きく分けて4つありますので
これから紹介しますね!

1.毎月の料金が安い

これは車両をローンで購入した場合との
比較となりますが
リースの場合は契約期間後の車体の残価
(価値)の分はリース料に含まれません。

車体の残りの分の料金だけを支払うので
月々の支払いが安くなります。

メンテナンスリースの場合は
そこにメンテナンス料が含まれるので
見かけの料金は高くなりますけどね。

2.維持費が安い

リース内容にもよりますが
メンテンナスリースを選択した場合は
期間中のメンテナンスに
費用を必要としないんです。

例えば購入した場合は思わぬ故障やトラブルでの
整備代は実費で支払わなければいけませんが
メンテナンスリースの場合はこのような
場合でも基本的に追加料金はいりません

しかも契約によっては代車の費用も
含まれるのでかなりお得となります。

3.必要な期間のみ利用が可能

リースは期間での契約なので
車が必要な期間だけの利用が出来ます。

その後は車を返却するだけなのですが
もしまだ乗り続けたいということであれば
再リースすることも可能です。

しかし再リースは総支払額が高くなるので
一定の期間での返却もしくは
代替えがよい場合が多いですね。

4.費用計上額が多くなる

リースの場合は車を所有するのではなく
簡単にいうと借りるということなので
それにかかった費用、つまりリース料は
経費として処理ができます。

リース料には車両代や自賠責保険料も
含まれるので
これらの料金も経費として扱えます。

節税や経費処理の面で
これは大きなメリットですよね。

そしてここまで法人リースについての
メリットを紹介しましたが
トヨタの法人向けのカーリース
メンテナンス制度についての動画がありました。

こちらも参考に見てみてください。

アルファードのリースを法人で利用するデメリットはある?

ここまで法人リースでのメリットについて
紹介しましたが
デメリットはないのでしょうか?

デメリットとして考えられるのは
大きく2つあります。

・購入の場合と比べて支払い総額が高くなる
・リース満了時に清算金が
発生することもある

支払総額はローンで購入するのと同じで
リース料に手数料(リース会社の利益)が
含まれるため高くなります。

清算金については残価設定額が高かった場合や
車両の状態が傷などで状態が悪い場合などに
発生するのですが
これは少し気をつければ回避できますよね。

[adsense2b]

まとめ

ここまでアルファードの法人リースについて

・メリットやデメリット
・料金プラン

などについて紹介しましたがいかがでしたか?

法人リースの支払い額は
購入と比べて多くなりますが
税金や資金、そして経理処理まで含めると
メリットの多い購入方法となります。

しかし契約内容や期間を考えないと
支払い額が大幅に増えてしまう場合
あります。

契約はWEBではなく対人で細かく打合せし
内容を自社の車の使用状況に応じた契約
しないとデメリットが
大きくなるので気をつけてください。

そして経費を見ていく中で
アルファードの税金が気になる方は

⇒アルファードの税金はいくら?重量税や自動車税の相場について解説

こちらの記事が参考になるので
是非ご覧ください。

[adsense3]