アルファードの中古の価格!料金の相場や購入する際の注意点とは?

ミニバンの中でも最近、特に人気なのが
トヨタのアルファードです。

装備も豪華で高級感があり、
スタイルもよいので
とても魅力的な車です。

ただ高級車のクラスに入るので
新車で購入すると、車両本体価格で
700万を超える場合もあります。

ですので、購入をためらっている方も
多いですよね。

それでもやはりアルファードが欲しい
という方は中古車を選択するのも
1つの方法です。

ただ中古車は気を付けなければ
購入後の不具合やトラブルで
思わぬ出費が出てしまうことがあるので
注意が必要です。

今回は自動車の整備と販売に詳しいプロが
アルファードの中古車を買う場合に、
知っておいてためになる価格や注意点について
いくつかのポイントをまとめてみました。

[adsense1]

アルファードの中古の価格の相場!5つのタイプ別で比較

アルファードを型式(モデル)で3つ、
ハイブリッド、カスタム車の計5つに分けて
相場を調べてみました。

1.アルファード10系

初代アルファード型式がATH10などの
通称10系は2002年の5月から
2008年の5月まで、
6年間生産されていました。

ハイブリッド車は2003年からの
途中追加車種でした。

相場は30万~60万が一般的です。

価格帯も広く、下は10万未満から上は
100万以上の車両もあります。

さすがに販売から10年以上も経つ車種なので
どの価格帯も走行距離が10万Km前後の車が
多いのですが距離での価格の差はあまり
大きくないようです。

車の年式も古いので出来れば
走行距離が少なめの車を
選ぶのがお勧めです。

2.アルファード20系

初代からモデルチェンジをして
2008年の5月から
2015年の1月まで販売された
2代目アルファード(20系)

こちらも初期モデルには
ハイブリッド車の設定がなく
2011年の9月のマイナーチェンジからの
投入となりました。

このモデルのV6エンジンは
排気量が増え3.5Lになったので
ガソリン車は更に力強い走りが可能になり
余裕をもって走らせることができます。

こちらはマイナーチェンジ前・後で
相場が違います。

マイナー前は130万~170万なのですが
これがマイナー後になると年式が新しく
走行距離が少ない車が多いため
相場価格で230万~280万が目安となります。

[adsense2]

3.アルファード30系

3代目アルファード30系は
2015年の1月から販売されている
現行モデルとなります。

30系は最近のトヨタ車に多い
フロントグリルがロアグリルと一体のような
大きい開口部でスタイリッシュなのが特徴です。

ハイブリッド車が
最初からラインナップされているのも
選択肢が増えていいですよね。

マイナー前のモデルで340万~390万
マイナー後のモデルで400万~470万の
価格帯が相場となります。

これは現行モデルというのと
走行距離が少ない車が多い為で
新車価格と比べて
40万~60万落ち位の価格です。

4.ハイブリット車

ハイブリッドはどの型式にも設定があり
相場はハイブリッドの方が高くなります。

10系で60万~90万、20系で240万~290万
30系のマイナー前で400万~470万、
マイナー後で520万以上が相場となります。

これは新車価格が標準車よりも高く
中古車の台数が少ない為です。

30、20、10の順で
中古車数が少なくなっていくので
選択肢としては
型式が新しい方が有利ですね。

アルファードのハイブリッドについて
まとめてみた記事もあります。
こちらも是非ご覧ください。

⇒アルファードの中古のハイブリッド!購入に失敗しないためのコツは?

ハイブリッドを選びたい時に知っておいて
損のない記事となっています。

5.カスタム車

アルファードを中古車で買う場合
カスタム車もいいですね。

元々が高級車なので装備はいいのですが
いいナビゲーションをつけてみたり
外観を人とは変えてみたいと思う方も
いらっしゃるでしょう。

アエロパーツをつけてみたり足回りを
変えて車高を落としてみたりするのも
楽しみの一つです。

ただ新車で購入して部品を付けると、
トータルの金額が高くなってしまうのですが
中古車はそのような部品がついていても
極端に高くはなりません。

むしろお買い得な金額で
購入できる場合が多いです。

相場はベースの車両の価格や
カスタムの内容によっても違いますが
カスタム無しの車と比べて
+10万~20万位です。

これはカスタムしたパーツ金額の
半値以下の場合が多いので車によっては
かなりお買い得となります。

アルファードの
カスタムに限定した記事もあるので
こちらも参考にしてみてください。

⇒アルファードの中古のカスタム!値段の相場や選ぶきのポイントは?

カスタムを迷われている方
必見の記事となっています。

[adsense2a]

アルファードの中古は価格の安さで選ぶのは危険?

買取相場が分かったところで
アルファードの中古車を
少しでも安く買いたいのは
誰でも同じですよね。

ただ安い中古車で失敗したという話は
多くあるので注意が必要です。

ですが安くてお買い得な車もあるので
必ずしも安い車が
危険という訳ではありません。

ポイントを押さえれば、よいアルファードの
中古車を見つけられることが出来るので
その注意点をこれから紹介します。

その前にこちらで今のお車が
どの位で買い取りしてもらえるのか
事前に調べておくのもお忘れなく!

⇒かんたん査定ガイドで買い取り相場を見る

買い取り相場が分かれば
中古車購入金額の目安になります。

かんたん車査定ガイド

アルファードの中古を選ぶ際の5つの注意点とは?

ここからアルファードを中古で選ぶ際に
注意してほしいポイントを紹介しますが
大きく分けて5つの項目にしてみました。

1.エンジンの調子を確認

特に10、20系のアルファードに注意が
必要なのですがエンジンの始動時と始動後の
エンジン音が大きすぎないのか
変な音がしていないのかを確認してください。

年式が古く距離を乗っている車が多いので
オイル管理が悪かった車だと
異音が出ている場合が多くなります。

2AZ系エンジンのファンベルト側カバーからの
オイル漏れと10系1MZエンジンの
タイミングベルト交換も
確認しておきたいところです。

2.オートマミッションの確認

アルファードは車体が重たいので
オートマミッションにも負担がかかります。

もし試乗できるのならギヤをDやバックに
入れた時に変なショックがないのか?

走行中にギヤがスムーズに切り替わって
いるのかをチェックしてください。

走行中に変にエンジンの回転が高く感じる
場合変速が正常でなかったり
オートマミッション内部の
滑りなどの不具合が疑われます。

3.スライドドアの動作の確認

アルファードは初期型からパワースライドドアを
選択することが出来たので、もし
パワースライドドアが付いていれば
動作確認が必要です。

スムーズに全閉、全開するのか?
開閉中にゴリゴリなどの異音が
しないのかをチェックしてください。

[adsense2b]

4.足回りの確認

アルファードは、車重があるので足回りにも
負担がかかります。

ですので、足回りもしっかりと確認を
行う必要があります。

特に走行距離が多い車、年式が古い車に
多いのですが

  • 足回りのゴムブッシュの
    劣化によるギシギシ音
  • アブソーバーのへたりによって
    カーブや段差でふわふわする
  • アブソーバー自体からの
    オイル漏れ

なども考えられます。

試乗したり、軽く足回りを覗くなどして
確認した方がいいですね。

5.保障の有無と内容の確認

そして、もしもの為の保証も重要です。

どんなに確認しても中古車なので
思わぬトラブルや故障が
発生する場合があります。

その時に保証が付いていれば
修理代がほとんどかからずに
直せるので安心です。

ただ保証の内容をよく確認しないと、
保証期間が極端に短かったり保証範囲や
保証条件が付いてる場合があるので
注意が必要です。

最低限でも1年、1万Kmの保証は
欲しいところです。

買ったばかりで高額な修理が発生したら
悲しいですよね。

[adsense2a]

まとめ

アルファードの中古車を買う場合に
知っておいてためになる
価格や注意点について
まとめてみましたがいかがでしたか?

アルファードは新車価格が高いので
程度の良い中古車を買う場合は
それなりに高い金額に
なってしまうこともあります。

ただ10系や20系の前期のモデルは価格も
落ち着いてきていますしオプションや用品が
予め付いている中古車もあるので
お買い得に購入することもできます。

アルファードの中古車を
検討されている方は
今回の記事を参考にして
よい中古車を探してみてください。

また今回の記事を見て価格的に
中古車だけでなく新車購入もありかも
と思われた方は是非こちらの記事も
見てみてください。

⇒アルファードの値引きの相場!限界まで安くさせる交渉術はある?

きっと役に立つ交渉術が見つかります。

[adsense3]